ウィッグのメリットとデメリット

ウィッグナビゲーター

ウィッグリスペクトメイン画像

人毛と人工毛のウィッグとでは、メリットとデメリットは違ってきます。

ウィッグのメリットとデメリット

ウィッグには、全カツラと部分カツラの2種類があります。

通常、髪にボリュームが欲しい時には、部分カツラを使いますが、医療用ならば全カツラです。

その他にもオシャレやヘアアクセサリーとしてもウィッグは使われます。

ウィッグには人毛と人工毛がありますが、それぞれメリット、デメリットがありますので、それをご紹介いたしましょう。

まず人毛のメリットですが、人工毛と比べると手触りがよく、ナチュラルな感じです。

また毛染めができ、パーマ液でパーマをあてることもできます。

自分の髪ともなじみやすく、スタイリングもしやすいでしょう。

しかし人毛のデメリットは、色あせしてしまうので定期的に髪染めをしなくてはいけないこと、また髪が絡みやすいということです。

人工毛のメリットは、洗髪してもスタイルが崩れず、髪が絡みにくいという点です。

また乾かす時間も短時間で、パーマをあてることもできます。

しかしデメリットは、人工毛独特の光沢が出てしまったり、縮れが出ることがあります。

Copyright (C) ウィッグナビゲーター(eugenekimmusic.org) All Rights Reserved.