生活スタイルに合わせた賃貸の選び方。

賃貸のアパートやマンションでの生活では特に、子どもの声などの騒音の問題には注意することが必要です。

NAVIGATION

賃貸物件での騒音の問題

アパートやマンションで生活する、小さな子どもがいる家庭では、騒音で周囲の部屋に迷惑をかけていないかが気になるものです。分譲物件よりも賃貸物件では、簡素な構造の物件が多いのか、騒音の問題も深刻になるケースが多いようです。たしかに、子育ては大変ですが、「子どものやることだから仕方ない」という考え方は禁物です。騒音の問題は、受け手の性格や状況によって様々に変化します。

アパートやマンションには、もちろん、いろいろな人が住んでいます。特に、賃貸物件では、分譲物件と違って、入居者の入れ替わりが頻繁にある上、「隣にどんな人が住んでいるか分からない」という状況も珍しいことではありません。なかには、病気で寝込んでいる人がいたり、受験勉強をしている人がいる可能性も十分にあります。すごく神経質な性格の人が住んでいることも往々にしてあります。

アパートやマンションでは、子どもの高い声は、以外に通ります。普通の話し声でも周囲の部屋や戸外にも簡単に聞こえてしまうことがあります。泣き声などではなおさらです。さらに、泣く子どもを叱る親の声も、聞かされる側にとっては騒音だと感じる場合が多いでしょう。「賃貸だから、問題になれば引っ越せばいい」などと安易に考えず、騒音の問題にはくれぐれも注意しましょう。
Copyright (C)2017生活スタイルに合わせた賃貸の選び方。.All rights reserved.