生活スタイルに合わせた賃貸の選び方。

賃貸の内見のときには実際に行ったからこそ分かるポイントがチェックできます。メモとカメラを持参しましょう。

NAVIGATION

賃貸の内見をする際のチェックポイント

賃貸のお部屋を内見する際には、メモと採寸のメジャー、撮影用のカメラを持って行きましょう。採寸する場所は、バルコニーに面した一番大きな窓・小窓です。窓の大きさによってカーテンのサイズが変わってくるためです。あとは、クローゼットの奥行、洗濯機置場、ガス持ち込みの場合はガスコンロ置場、などです。実際に家具を置くことを想定してその場所に置けるサイズかどうかを事前に測っておくことで、入居したときに失敗がありません。洋室が小さめの場合は、ベッドが入りきれるかどうかも確認する必要があるでしょう。

内見のときには、インターネットや資料だけでは分からない、実際にその場に立ったからこそ分かる部分をチェックしていきます。携帯電話の電波が入りやすいかどうか、隣や上・外からの騒音はどうか、壁の厚さ、床や天井の汚れがないか、排水口や換気扇から異臭がないか、コンセントの数と位置、などなど様々なポイントが出てきます。人通りが多いか、周辺にはどんな施設がどのくらいの距離であるのか、も確認し、忘れないようにメモしておきましょう。

外観やエントランス、部屋の状態もカメラに収めておきましょう。メモと写真を合わせて見ることで、他の物件との比較検討に大いに役立ちます。インターネットで見ていたときに印象が良かったマンションでも、実際に行くと思わぬマイナス点があるかもしれませんし、その逆も有り得るのです。
Copyright (C)2017生活スタイルに合わせた賃貸の選び方。.All rights reserved.